記事

いつでもどこでも癒される、甑島仕事ライフ

こんにちは!長尾愛里と申します!
私は、昨年の9月より、中小企業庁主催の「ふるさとプロデューサー」という制度を利用して甑島に通っていました。その中で、昨年11月に甑島にて行った「KOSHIKI FISHERMANS fest」の開催準備のために、約3か月の間、住んでいる東京から月1~2回甑島に行く、という生活を送りました。

東京と甑島を行ったり来たりしながらプロジェクトの準備を進める中で、「甑島に住まなくともプロジェクトに関わるのって、案外いける!おもしろい!」と思ったポイントをいくつかご紹介します!

ポイントその1
「意外と近い」

そう、意外と近いんです。

↑丸をつけたところが甑島列島です。東京からだと、一旦鹿児島へフライトののち、島に移動になります。これだけでも、「長そうー!」と思う方がいるかもですが、実は、案外近い!東京から朝イチの飛行機に乗って、その後の乗り換えを間違えなければ(これ重要)、お昼すぎには甑島へ到着できちゃいます。

東京~甑島の往復移動がすんなりいけば、土曜の朝に東京を出発して甑島へ行き、日曜夜には東京に戻ることも可能です!
ただし、せっかくの島滞在なので、できれば2泊以上をおすすめしますよ~。

ポイントその2
「いつでもどこでも癒される」

東京で働いていると、オフィスビルの山、パソコンに囲まれがちで、なーんとなく味気なし・・一方で、甑島に行くと、周りを見渡すと海、山、畑、・・自然だらけ!自然の色に溢れています。心なしか目が良くなるような・・(気のせいか・・)。甑島で仕事をしていて、ちょっと疲れちゃったな~~と感じたら、真横や遠くを見てみましょう。そこには大自然!大海原!なんとも癒されます。

ちょっとひと休憩入れるために海を見ていたら、そのままぼけーっと見続けていた・・そして寝ていた・・なんてことも。それも一興ということで。

ポイントその3
「いつでもどこでもオフィス」

パソコン上での仕事がメインの人は、甑島に来るときは、PCとWi-Fiを持っていきましょう。PCを開けばどこでもオフィス!海岸で仕事、木の下で仕事、どこでもあなたのお好きな場所で・・(※ただし、人様のお家には侵入しないようにしましょう!)簡易的プライベートオフィスがそこかしこに。たまーにおじちゃんとかが話しかけてきますが。朝起きて、パンを食べながら・海を見ながらのパソコン作業は、夢のような仕事時間でしたよ。

ポイントその4
「新鮮!甑島海の幸ランチ」

島という環境に来たからには、おいしい海鮮物ですよね。お昼に近づいておなかがすいたぜ・・という時には、これです!

これだけついてなんと1,500円。破格・・!きびなごなんて20尾くらいいるのでは?というボリューム感。
ちなみに、スーパーでも地魚が格安で買えるのでおすすめです。

甑島のお魚の味は、東京では味わえないお味なんですよね・・。ああ、写真見ていると食べたくなりますね・・

ちなみに、お寿司ランチもありまっせ!たまにはいいじゃない、そんな贅沢なお味。

便利な東京での仕事もいいですが、不便な中にも自然に溢れている、甑島仕事ライフもなかなかいいもんですよ~!
みなさんも、ぜひ今の生活に「甑島」という拠点を加えてみてください!

島時間の中で過ごしていると、いいアイデアが浮かんでくるかも・・。