ちいさな島のアトリエで、
島の未来をつくろう。
島の未来をつくるアトリエしまとりえ

東シナ海に浮かぶちいさな島に、
未来をつくるアトリエができました。

薩摩川内市里支所の2階(旧里村時代の村会議場)が、
新たに「しまとりえ」として生まれ変わりました。

わたしたちは、地域に内在する仕事や、
地域のこれからをつくる様々なプロジェクトを伝えています。

島に住む人々が集い、地域課題の解決に向けたワークショップを開催したり、
島を訪れた人々が甑島との関係を通じて、新たな働き方をデザインしたり。
しまとりえを通じて甑島という地域への関わり方をデザインし、
豊かな未来の暮らしの風景が次々と生まれるアトリエのような交流拠点を目指します。

仕事を持ち込んだり、島のプロジェクトに参加したり、スタートアップを始めたり。
この甑島のアトリエを中心に活動してみませんか。

甑島のプロジェクト

\ しまとりえ /施設紹介

しまとりえの中でパッと目を引く、アコウの木がモチーフの本棚。
壁一面が黒板やホワイトボードになっているので、アイデアを自由に広げてみてください。

しまとりえの中には、家のかたちの可動式デスクがあります。

1人で集中したいときや、打ち合わせ、ワークショップなど、シーンに合わせた空間を作ることができます。

2階の明るい窓から見える暮らしの風景が、
ほっとさせてくれます。

かざらない島、甑島。
そこで過ごす日常は、
心をシンプルにしてくれます。

〒896-1101
鹿児島県薩摩川内市里町里1922番地2階 
mirai studio しまとりえ

甑島のはたらく人

島は、生活と仕事が近い。
それぞれの生業で働く人たちの様子を少しだけ紹介します。

  • 島に数件の貴重な売店。お母さんたちが切り盛り。
  • 海がみえる畑で体力仕事。
  • 甑島の名産品きびなごを、太陽の下で加工中。
  • 小さな島のライフラインを守ってます。
  • まだ真っ暗なうちからきびなご漁。
  • 島で手づくりしたお豆腐。海をわたって配送です。